リベライルのブログ

リベライル商品やこれらの商品を活用した販促方法やお客様のご意見、ご感想などをご紹介いたします。

リベライルの情報をお伝えします。

車磨き

「車磨きは初心者」と言う方でも自宅で独習できるんです!


「車磨きはプロについて講習を受けないと習得は無理」と思っているあなた、


ご安心ください。


全く新しい磨き方と、専用の研磨剤が

車磨きの独習を可能にしました。



今までの車磨きはなぜプロに教えてもらわないと習得が出来なかったのでしょうか?


磨きには「ポリッシャー」と言うドリルのような機械で磨きます。


ポリッシャー、特に多くのコーティングショップで使われているシングルポリッシャーは回転力が非常に高いので、


扱いなれていないとポリッシャーに振られて車に傷をつける危険性が非常に高く、


また、磨くときに出る摩擦熱、つまり研磨熱が非常に高くなるのでその高い研磨熱により


全くの初心者ではきれいに磨くことは非常に難しいのです。



●熱が出るとなぜ磨きが難しいのか?


例えになるかは分かりませんが、


餅で例えると、


あなたもご存じの通り、


餅はついた後に冷めてくると非常に硬いですよね。


割ろうとしてもなかなか割れません。


しかし、焼いたりして温めると柔らかくなるでしょ。


そうなると手で簡単にちぎることが出来ますよね。


箸を刺しても簡単に刺すことが出来ます。



実は車の塗装もそうなんです。


熱が加わると柔らかくなります。


柔らかくなると切削(削り)しやすくなりますよね。


研磨剤で削ると言っても、熱が加わり塗装が柔らかくなることにより「簡単に削れることが出来る」ようになるのです。


つまり、傷を取りやすくなるわけです。


が、矛盾しているようですが、


傷も入りやすくなります。



磨くのは研磨剤で磨くわけですから、いくら細粒の研磨剤を使ってもその研磨剤の傷は入るわけです。


しかし、研磨剤の傷は非常に小さければCDのように傷があっても鏡面のようにはなります。



処理が難しい傷と言うのは、


磨く際に出る研磨カスや乾いた研磨粒子、コンパウンドがバフに凝着して付く傷などです。


これらの傷は良く目立ち、深い傷の場合が多いのです。


大半は研磨熱によって柔らかくなることで削る作業がはかどるのですが、



問題はここからなんですよ。


つまり仕上げの段階でのトラブルなのです


さっきの餅の話に返りますが、


柔らかくなった餅は冷めるにしたがって硬くなってきますよね。


あなたは、


柔らかくなった餅は、果たして冷めて元の形に戻ると思いますか?


膨れた餅が冷めた状態を思い浮かべてみてください。


そうです。


元の形には戻りませんよね。


厳密にいえば、


一端、膨張したものは冷めて収縮しても元の状態には戻らないんです。


また、磨く際に入った傷についても塗装が熱を帯びていると膨張により傷が消しきれていなくても無くなったように見えるのですが、


塗装が冷めてくると傷口が開いて傷が表れてきます。



あなたもここまで読んでいただくと、


「後々に発生するトラブルを避けるには、磨きもできるだけ熱を加えずに磨いたほうが良い。」


と気付いていただけたと思います。



要は、「構造を変えずに磨ければ磨いた後も構造は変わらない」のです。



もう一度言います。


磨く際に出る「研磨熱」は、塗装を膨張させるために傷口が閉まって見えなくなることがあります。


「傷が取れてきれいに磨けた」と錯覚を起こすのです。



だから、冷めることにより収縮により傷口が開いて、「せっかくきれいに磨いたのに、時間がたてば傷だらけ」


と言う事になるのです。


この現象は、研磨熱だけのせいでもありません。


溶剤やWAX、艶出し剤などを多く配合した研磨剤を使っても出てきます。


何故なら、これらの研磨剤は配合されている成分が傷を埋めるために、すぐに平坦になって光沢や艶が早く出るのですが、


どちらも傷が残っているわけですから後から出てくるのは当然のことです。



詳しくは「磨きとコーティングの参考書」の「なぜ車を磨くと光沢や艶が良くなるのか?」もご一読ください。



よって、研磨熱が上昇しやすい従来のシングルポリッシャーでの磨きと、これらの研磨剤を使用する限りは、


まず初心者が独学で習得することは至難の業なのです。



でも、この「研磨熱」と「コンパウンド」の2つの原因をクリアすればどうでしょう?



磨きの習得も比較的簡単に独習できると思いませんか?


独習のために開発した磨きのマニュアルセットが以下の通りです。



【研磨熱の出ない扱い易いポリッシャー】


回転力が強く研磨熱の出やすいシングルポリッシャーを使用せず、


回転力の弱い、力を入れると回転が止まる扱い易いダブルアクションポリッシャー、


もしくはサンダポリッシャーを使用することで研磨熱の発生を抑えた磨きが出来ます。


申し訳ございませんが、ポリッシャーはご用意願います。



【溶剤や艶出し剤など潤滑性を持った成分を極限まで抑えたコンパウンド】


研磨熱がほとんど出ないので、研磨剤だけで効率よく磨けるように開発した専用水性コンパウンド。



それに、ここだけしかない、


【磨きは全くの素人だった筆者が書いたマニュアル】


このマニュアルは、


磨きが全くの素人だった筆者が皆さんに効率の良い磨きをご提案できるまでになった経験をもとにして作成したマニュアルなので、


学習の手順や磨きのコツ、塗装の知識までもが学べるように編集されています。


従来の独習マニュアルでも、磨きを経験されたことのない方々の多くが磨けるようになっています。


中には難しいと言われる「スクラッチシールド」や、「セルフレストリングコート」をも磨けるようになった方々もいらっしゃいます。


が、


これらの方々が使用されたマニュアルよりも更に学びやすく編集しています。


だからご自宅でお好きな時に、独習が出来るのです。



あなたが「磨きが出来るようになる」と言う事は、



1.自宅で都合の良い時に車のコーティングが出来るようになる。


2.あなたがコーティングをすれば、メンテナンスもその都度できるわけです。


3.ご自分でやるので、かかる費用はこのセットとコート剤のみが初期投資となります。


4.道具と材料があればメンテナンスも何度でもできるので、かかる費用は雲泥の差となります。


5.副業をはじめ、独立も可能です。


6.コーティングで一番大切な下地処理が上手いとなれば、差別化も可能なのです。

  実際に、このようなコーティングショップが存在しています。



しかしもし、講習を受けるとしたらどうでしょう?


多額の講習費用が掛かります。


講習先に行く必要もあるでしょう。そうなると交通費もかかります。


宿泊費だってかかるかもしれません。


何といっても講習日に時間を割かなくてはいけません。



この「初めての車磨き独習セット」は、これらの費用と手間を掛けることなく磨きが身につく、


費用対効果の高いセットに仕上げました。

車磨き まさか!ズブの素人がここまで磨けるとは!?

今まで車を磨いた経験のない方が、マニュアルを読むだけでもそこそこ磨けるようになるんです。

今、これをお読みになっているあなたは、磨きの経験はないが「愛車くらいは磨いてみたい」と思われている方とお察しします。

磨いてみたいけど、

●「失敗したら」と思うと怖い。

●きれいに磨けるだろうか?

●教えてもらわないと習得は無理だろう?

●教えてもらうには、時間もないし費用も掛かるし・・・。

などが今一歩先に踏み出せない代表的な理由ではないでしょうか?


「失敗したらと言う恐怖」

この怖さは、もちろん何も知らない、経験がないことによる恐怖もあるでしょうが、

逆に「磨き」と言うものがどのようなものかが解れば不安は解消しますよね。

技術的にも、磨き方が解れば大丈夫ですよね。


「きれいに磨けるだろうか?」

こんな心配も要領さえわかれば不安なんか吹っ飛んでしまいます。よね。


「おしえてもらわないと習得は無理だろう」

従来の回転力の強いシングルポリッシャーであれば、磨く際に出る摩擦熱、つまり研磨熱が非常に高くなりやすいので確かに、教えを乞う必要もあるでしょう。


「教えてもらうには時間もかかるし費用も掛かるし・・・。」

従来の磨きなら先ほどの理由でこんな負担も考えなくてはなりません。


しかし、これらの不安要素を解決すれば、独学で磨きの技術と塗装の知識が学べるとは思いませんか?

もちろん時間はご自分の都合の良い時に、少ない予算で車1台分のスペースがあればできるんです。


こんな商品って今までありました?

ましてやマニュアルの制作者が、実際にズブの素人からこれまでの実経験をもとにマニュアルを製作しているのですから。


制作者のプロフィールもご覧ください。


制作者の経験をもとにしてズブの素人さん向けの「初めての車磨き独習セット」をリリースしました。

ソリッドブラックをTAKUMIを使って磨いてみました。(お客様の声)

このやり取りは、お客様とのメールのやり取りです。2018.01.08分(1部訂正と加筆をしています。)

先日TAKUMI OPS PRO HCとFとMを購入し、本日施工しました。

工程は2回で、ロングウールとウレタンを使いました。いずれもポリッシャーはルペス  21mm(ダブルアクション)を使用しました。

施工した車はテスラで、ソリッドブラック(202)で塗装はドイツ車の様に硬いです。

ボンネットを半分にわけ、一方はシングル→ダブル。もう一方はルペス(ダブル)のみでどれ程差が出るのか試してみました。

深い傷を追うほど時間はかけないで、どちらも同じ時間で試しました。

最初に試しにHC,Fを使ってみましたが、仕上がりに差はなさそうだったので、HCを使いました。

初期研磨ルペス(ダブル)+ HC + ロングウールで磨きましたが、3Mコンパウンド目消肌調整 ウルトラフィーナコンパウンド+シングルの方では取れない深い傷がなくなっていました。

全体的にはウールのバフ目が残っているような状態です。

シングル+ダブルの方は深い傷は残っていたものの、全体的に綺麗に仕上がって艶も出ていました。

ダブル+ウレタン+Mで仕上げをしましたが、初期研磨のバフ目がきえませんでした。

この場合は、バフに問題があるのか、コンパウンドの選択に問題があったのかお聞きしたく、連絡させていただきました。

施工方法は、コンパウンドが切れるまでまわしました。

202の色の場合

HC or F → S or Gとかの方がいいのでしょうか?

それとも3工程で

HC or F → M → G or Black 202とかの方がいいのでしょうか?


○○様

お世話になります。

早速ですが、ご質問についてお答えさせていただきます。

HCは、目が粗い為に後処理をしないと磨き傷が残る場合もあると思います。

HCでの研磨後は、FもしくはMとウールバフ(他社のバフは様々なものがありますので、あくまでも弊社商品のW-125でお話させていただきます)で、

一般の塗装では最初は力を加えて徐々に力を抜きながら磨いていくと上手く仕上げられると思います。

濃色車などはさらにSもしくはGとスポンジバフS-12520で先ほどの様な力加減で磨けばきれいになると思います。

最後に202の場合、(基本的には色ではなくクリアー如何となりますが)

Black 202とW-125→S-12520で先ほどの磨き方をされればよいです。

または、最後に書かれているような「3工程」の方法もいいと思います。

が、仕上げはG cutが良いです。

但し以前お客様から「G cutはなかなかすっきりとならない。」といったご意見がありました。

G cutは、余り多くつけすぎるといくら磨いてもなかなかすっきりとはなりません。

目安としては、バフに小豆大くらいの量を2~3か所付けるくらいが適量です。

状態により適宜コンパウンドを補充しながら仕上げてください。

ルぺスのオービットは21㎜との事ですので、仕上げが上手くいかない場合は、

弊社推奨のオービットが2.5㎜と振幅の小さい「リョービ RSE-1250」を使われるといいと思います。

尚、使用するウールバフは手前みそになるかもしれませんが、ロングウールよりも弊社のW-125のほうが効率は良いと思います。

また、HCのバフ目はM cutとW-125⇒S-12520の手順で磨かないと除去は手間取ると思います。

以上、よろしくお願い申し上げます。
車磨きとコーティングの通販情報サイト
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ