リベライルのブログ

リベライル商品やこれらの商品を活用した販促方法やお客様のご意見、ご感想などをご紹介いたします。

リベライルの情報をお伝えします。

ソリッドブラックをTAKUMIを使って磨いてみました。(お客様の声)

このやり取りは、お客様とのメールのやり取りです。2018.01.08分(1部訂正と加筆をしています。)

先日TAKUMI OPS PRO HCとFとMを購入し、本日施工しました。

工程は2回で、ロングウールとウレタンを使いました。いずれもポリッシャーはルペス  21mm(ダブルアクション)を使用しました。

施工した車はテスラで、ソリッドブラック(202)で塗装はドイツ車の様に硬いです。

ボンネットを半分にわけ、一方はシングル→ダブル。もう一方はルペス(ダブル)のみでどれ程差が出るのか試してみました。

深い傷を追うほど時間はかけないで、どちらも同じ時間で試しました。

最初に試しにHC,Fを使ってみましたが、仕上がりに差はなさそうだったので、HCを使いました。

初期研磨ルペス(ダブル)+ HC + ロングウールで磨きましたが、3Mコンパウンド目消肌調整 ウルトラフィーナコンパウンド+シングルの方では取れない深い傷がなくなっていました。

全体的にはウールのバフ目が残っているような状態です。

シングル+ダブルの方は深い傷は残っていたものの、全体的に綺麗に仕上がって艶も出ていました。

ダブル+ウレタン+Mで仕上げをしましたが、初期研磨のバフ目がきえませんでした。

この場合は、バフに問題があるのか、コンパウンドの選択に問題があったのかお聞きしたく、連絡させていただきました。

施工方法は、コンパウンドが切れるまでまわしました。

202の色の場合

HC or F → S or Gとかの方がいいのでしょうか?

それとも3工程で

HC or F → M → G or Black 202とかの方がいいのでしょうか?


○○様

お世話になります。

早速ですが、ご質問についてお答えさせていただきます。

HCは、目が粗い為に後処理をしないと磨き傷が残る場合もあると思います。

HCでの研磨後は、FもしくはMとウールバフ(他社のバフは様々なものがありますので、あくまでも弊社商品のW-125でお話させていただきます)で、

一般の塗装では最初は力を加えて徐々に力を抜きながら磨いていくと上手く仕上げられると思います。

濃色車などはさらにSもしくはGとスポンジバフS-12520で先ほどの様な力加減で磨けばきれいになると思います。

最後に202の場合、(基本的には色ではなくクリアー如何となりますが)

Black 202とW-125→S-12520で先ほどの磨き方をされればよいです。

または、最後に書かれているような「3工程」の方法もいいと思います。

が、仕上げはG cutが良いです。

但し以前お客様から「G cutはなかなかすっきりとならない。」といったご意見がありました。

G cutは、余り多くつけすぎるといくら磨いてもなかなかすっきりとはなりません。

目安としては、バフに小豆大くらいの量を2~3か所付けるくらいが適量です。

状態により適宜コンパウンドを補充しながら仕上げてください。

ルぺスのオービットは21㎜との事ですので、仕上げが上手くいかない場合は、

弊社推奨のオービットが2.5㎜と振幅の小さい「リョービ RSE-1250」を使われるといいと思います。

尚、使用するウールバフは手前みそになるかもしれませんが、ロングウールよりも弊社のW-125のほうが効率は良いと思います。

また、HCのバフ目はM cutとW-125⇒S-12520の手順で磨かないと除去は手間取ると思います。

以上、よろしくお願い申し上げます。

中古車業界必見!塗布しながら簡単に水垢、汚れを落とし小傷を埋めるコート剤


中古車のお手入れって大変ではありませんか?

中古車の選択には、

●ほしいと思っている車

●見た目(外装や外観)

●内装

●走行距離

が、判断材料の代表的な項目だと思います。

もちろん

「エンジンなどの状態」や「整備履歴」、「販売店の印象や信頼性」

なども挙げられます。

が、展示車などでは

好みの車種や価格など特別希望が無ければまず、「外観」で目を引かれます。

目を引いた車が見つかってから上記のような具体的な項目を詰めていくと思います。

要は、お客様の視覚で興味を持っていただかないと「来店」には結びつかないのです。

「来店」していただかないことにはセールスはできないのです。

だから、特に展示車などは「客引きの為の車」が必要なのです。

お客様にご来店いただければ、様々なご提案もできますし、先ほどの項目もしっかりとアピールできるわけです。

「客引きの車」ってどんな車でしょうか?

簡単に言えば、お客様に「目に留まる車」、「興味を持ってもらえる車」なのです。

手短に言えば、「外観がきれいな車」なのです。

その為にはどうしたら良いでしょう?

多くの店舗がまず「磨き」をかけて「コーティング」をしていると思います。

塗装の状態が悪い車は、まず「磨き」で手こずったりしませんか?

コーティングした車によくある汚れや劣化した被膜を十分に除去せずに磨いたためにコンパウンドが焼き付いたり、絡んだりする。
(特にシングルポリッシャーで磨くとよく発生するのですが)

他に何度も磨きをかけた車と言うのはクリアーの厚みがどのくらいあるのか判断しにくく、磨いているうちにクリアーが取れて過研磨になる(ベースが出てしまった)。

などと言うケースも多いのではありませんか?

ベースが出ると、再塗装が必要になります。

こうなるとパネル単位の塗装ですから、結構高額な不必要な経費が掛かってしまいます。

下手したら採算が合わなくなってしまいます。

磨きを掛けなければ、こんなトラブルは回避できるのですが・・・。

では磨きをかけずにクリナーで落としきれない汚れや水垢を除去し、小傷も除去し、艶も出せる物って何か頭に浮かびます?

真っ先に浮かぶのは、コンパウンド入りのWAXだと思います。

WAXは汚れも除去し、小傷も埋めて、素晴らしい光沢を得ることが出来ます。

が、

手間がかかる!

洗車して、拭き取って、ガラスや樹脂部分につかないように注意をしながらWAXを塗って、拭き取る。

WAXは付属のスポンジで塗布すると結構手間と体力がいります。(ポリッシャーで塗布すれば楽ですが)

しかし、あまりにも気温が高いとムラになりやすく、拭きむらなども出ます。

何といっても、手間をかけて施工した割には持ちがあまり良くなくないですか?



簡単に施工出来て、しかも半年、1年持つようなコート剤があればいいですよね。


実は、こんな商品があるんです。

BF protect(ビーエフプロテクト)」と言うフッ素系撥水ポリマーコートです。

この商品は、コンパウンドを配合することで軽度の磨きをし、ミネラルスピリット(有機溶剤)を配合することでしつこい水垢や汚れを除去します。

また、シリコーン樹脂により持続性を向上させ、フッ素樹脂により超撥水が得られ、また、撥油性を持たせて水垢の原因である油脂分の固着を抑えることが出来ます。

(上記の効果は、各成分の特性を考慮した私見です)


よって、塗布しながらしつこい汚れや水垢を除去し小傷を埋めて光沢を向上させるので、手間がかからず簡単に塗布塗装表面を極限までよみがえらせることが可能なのです。
(あまりにも塗装面がひどすぎる場合は磨きが必要になると思いますが)

本品には酸化しやすい有機溶剤が含まれているのですが、シリコーン樹脂、フッ素樹脂を配合することで有機と無機の両方の良さを兼ね備えさせたハイブリッドなコート剤に仕上げていますので、WAXなどと比べて持続性は格段に向上します。

弊社の中古車を扱われているお得意様では、「簡単に光沢が出せて外観がきれいになる」とオークションに出す前に使用されるところがたくさんいらっしゃいます。

施工も非常に簡単なために、コーティングをしたことのない方でもきれいに施工が出来るのも本品の特徴と言えます。

この商品は、手塗り、ポリッシャーでの塗布のどちらでもできますが、

一度施工すれば、汚れなどが付きにくいのでメンテナンスとしては水洗いもしくはシャンプー洗車で美観を保てます。


その他、下の記事もご参考にしてください。↓↓↓

簡単にできる高品質コーティングとメンテナンス


リベライルのBjogは、JUGEMから引っ越しました。

「リベライルのBlog」はこちらに引っ越しました。

今までの記事はこちらからご覧ください。「JUGEM
車磨きとコーティングの通販情報サイト
QRコード
QRコード
アクセスカウンター

  • ライブドアブログ